どうしてバストが左右違うの?

バスト,左右差

人間の体と言うものは左右どのパーツも同じ大きさと言うわけではありませんが、
異なるとちょっと嫌だなという部位もありますね。

 

 

女性だとバストなんかも気になる部分だと思います。
バストが左右違う原因としてはいつくか挙げられます。

 

 

まずは骨格のゆがみによるものがあります。
おしゃれを気にするばかり慣れないハイヒールを長時間履き続けることによって膝だけでなく骨盤のゆがみが発生すると言われています。

 

 

さらに毎回同じ方向にショルダーバッグを掛けたりしても同じような症状が発生することが考えられます。
骨盤がゆがむと自ずと上半身の背骨もゆがみそのゆがみの度合いによってバストの左右差が生まれてしまうのです。
また左右の筋肉の使い方が違うことによって発達すべき筋肉差が出てきてバストにも起因してしまうケースもあります。

 

 

これは利き手、利き腕などもあるでしょうし、仕事上の問題やスポーツによるものなど様々だと思われます。
そして出産後に授乳をしますが、その際かけた比重や飲ませた左右差によっても後にバストの左右差問題に発展すると言われています。
どれにしても女性ならではの問題で毎日の生活によって起こる症例だと言えますね。

 

左右差をなくすには?

 

もちろん左右差を少なくする方法がありますので、まずは毎日のケアとしてマッサージをする事をオススメします。
小さいなと思うほうを重点的にマッサージすることによってその差は少なくなるとされています。

 

 

一番手っ取り早いマッサージ方としては、ブラジャーをつけるときに小さい方の胸を寄せて収納する回数を増やす。
それだけでマッサージになりますから毎日の作業の1つとして意識付けておくことが良いと言えますね。

 

 

骨格のゆがみを解消するのも効果的ですので定期的に整体を受けたりして常に良い状態のバランスを知っておくのも良いですね。

 

 

⇒次の「バストが垂れるのはどうして?」へ