なんでバストが垂れるの?

バスト,垂れる

垂れたバストというのはどうにも年齢以上の加齢を感じさせてしまって嫌なものですよね。
バストが垂れる原因というのは年齢による大胸筋の衰えも1つと考えられています。

 

 

しかし最近では若い人でもバストの垂れ予備軍になっている可能性が潜んでるそうなんです。
と言うのも、バストが垂れる原因のほとんどはクーパー靭帯という組織が緩んでしまうことによって起こるからです。

 

 

クーパー靭帯には乳腺と皮膚などをつなぐ役目があって伸び縮みする組織なのですが、
自分の体に合っていないブラジャーを装着し続けていると加齢以上にこの組織が伸びきってしまうと言うから大変です。

 

バスト,垂れる詳しいクーパー靭帯についてはこちら

 

 

一度緩んだり切れてしまうと復旧がなかなか難しく、最悪垂れっぱなしになってしまうんです。
このクーパー靭帯も細胞で出来たものなので、ホルモンや栄養状態ももちろん影響します。

 

 

若い方に多いのは乱れた食生活や無理なダイエットなどでもホルモンバランスが崩れて胸だけでなく骨などにも悪影響を及ぼしてしまいます。
垂れたバストにならないためには予防しか手立てはありません。

 

 

ノーブラは楽で良いのですが、これは垂れバストになる確率がぐんと上がってしまいますので緩めのブラジャーでもしておく方がベターです。
仕事や学校ではしっかりしたブラジャーを着け、寝るまではリラックス用のものを、そして睡眠時には睡眠用のブラジャーをつけるのが一番の予防となってくれます。

 

 

ライフスタイルに合わせて、自分の体に合ったブラジャーをすることによって美しいプロポーションを維持できるのです。
見られたくないからと下着を適当に決めるのではなく、専門のスタッフのいるお店でしっかり試着してぴったり合ったベストなものを選ぶと良いでしょう。

 

 

⇒次の「クーパー靭帯が切れるとどうなるの?」へ